国際交流

坂井市では毎年、市内の中学校の生徒を英国に派遣しています。ホームステイ、授業に参加、英語で日本文化を紹介したりと、外国での生活や体験を肌で感じる素晴らしい機会でもあります。

毎年夏に、選考が始まり、一次試験二次試験と通過した子供達が代表となり3月にイギリスのウェールズカーディフ市で向こうの子供達と交流、ホームスティをしています。

今年も英国派遣団は25名の生徒(各中学校5名)と5名の引率スタッフでイギリスのウェールズカーディフ市に向かいました!

昨日はその報告式と解団式で、坂井町のいねすで行われました!

約40分の報告映像を見てて思ったのが、

『とにかく楽しそう!』

もちろん、国際交流なんて子供達には初めての体験!物凄く緊張してたと思いますが、順応力が高いのはさすが子供達!

映像から伝わる楽しさや日本文化を伝える姿、そして英国の文化などを学ぶ姿がすごく伝わって来ました!


各、坂井市内の中学校の学区内に分かれて、日本文化を伝えるところも、春江中学校の生徒は、箸の文化を英語で伝えたり、三国中学校は桃太郎の劇を英語で行ったりと、色々な日本文化を伝えたそうです!

英国人にはどう映ったのかな?(笑)

映像が流れてる間も!生徒達は笑いが絶えず、また最後の別れの時には涙ぐんでる生徒もいました!

本当に素晴らしい事業だなぁと思いましたよ!

これは合併前から行なっていて、今回で25回目だそうです!

そして、随行した職員の1人が、11年前に参加した方で、自分が引率で連れていく日が来たのが凄く嬉しいと語ってましたね!

今回参加した子も、将来坂井市の英語の先生になって、自分が引率したい!という夢も語ってました!

この事業で経験した子供達が、これからどのように活躍していくのか本当に楽しみになる事業ですね!

議員の仕事っていうのは、色々な政策提案や行政のチェック等言われてますが、市内の子供達、そして子供達の子供達に繋げていけられるように未来を見据えた事業展開という事も大事な役目だなぁと凄く感じた報告会でした!

これからもこの素晴らしい事業が続き、ここで体験した子達がまた活躍できる場を増やしていかなければね!😊👍


(子供達の顔の写真はボカシを入れさせてもらいました)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です