地方自治学習会 ふるさと納税を活用した地域活性化の仕掛け

昨日は敦賀にて、地方自治学習会のセミナーで『ふるさと納税を活用した地域活性化の仕掛け』と題して、議員目線での坂井市ふるさと納税の取り組みや、寄付して頂いた後の使い道について、講師として60分の時間を頂き、お話しして来ました‼️

最初は緊張してましたが、話し出したら、自分の思いがスーーーって出てきて、60分分もあっという間でした!
参加してくれた議員の皆さんには、少しでもヒントになってもらって、一般質問などで坂井市の事例を、そして議員目線での民間目線でのふるさと納税の導入に向けた質問をしてもらえれば幸いです😊

ふるさと納税と言うと、返礼品競争や、寄付金いくら集めたかのランキングが目立っていますが、それだけでは、ふるさと納税の本当の意義が薄れてしまっており、議員側が自治体の理事者に訴えても響かないものだと感じます。

綺麗事ばかりではない、本当の意味で、ふるさと納税に取り組むための意味や意義を参加した人達に伝わったと思います。

金額を集めるだけではない!
寄付して頂いた金額は約3割は間違いなく返礼品を出している地域の商工農業林業水産観光に…つまり地域の経済に回ってます!
つまり、地域の活性化に繋がっています。
そして、皆様から預かった寄付金の使い道を坂井市は市民のアイデアを募集して、市民の夢を実現させる使い方をしています!
などなど…

細かく書くと、昨日の60分のセミナーの議事録書かなきゃならなくなるので(笑)

パワーポイントもせっかく作った事だし、もし
『ウチの自治体もふるさと納税取り入れなきゃ!もっと力入れなきゃ!』って思う議員さんや自治体の職員さんがいたら講演しに行きますので(笑)いつでも声かけてください‼️

今回、この様な場を作ってくれた、前川敦賀市議会議員ありがとうございました😊

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です