議員定数にかかる市民意見交換会

本日7月28日(水)19時から
春江西コミュニティセンターにて、市民意見交換会を開催します。

議員定数削減や選挙公営費用などを含む議会改革を特別委員会が審議しています。

議員定数など大切な審議であるので、広く市民からも意見を頂くために丸岡地区から始まり、4回に分けて市民意見交換会を行っています。

今回は春江地区にて行われますので、お時間のある方は、ぜひ参加していただき、いろんな意見を聞かせていただきたいと思います。
議会改革だけではなく、広く色々な意見も聞かせて頂いて、坂井市民の生活向上できるようにしていきたいと思ってます。

ちなみに、議会改革にむけた、後藤の意見は
議員定数(26人)→2〜4人削減
人口減少が進む中、限られた予算の中でも議会は大切である。志があれば、坂井市の為に仕事をする人間は定数関係なく立候補してくると思ってる。
もちろん、地域の代表として仕事をするのは当たり前!そこからもっと大きく坂井市を見れる議員が必要だと思います。
また、議論は多くいても、意見を言わない議員なんて何人かいる中、少数精鋭という考えも必要ではと思います。
定数を削減すれば若い人や女性が立候補しにくくなるという意見もありますが、それこそ、志しがあって、なんとかしたい!という人達は立候補してくると思います。
地域の事を見れなくなるという意見もありましたが、それは地域に議員がいない地区には失礼な話であると思います。そこをカバーすると言うか、地区関係なく動くのが議員の仕事だと思ってます。

市議会議員は市民に最も近い議員であり、生活に密着している議員だからこそ、市民たくさんの意見あると思います。
削減が現状維持か、正解も不正解もないと思ってますので、ぜひ皆さんの意見聞かせて欲しいです。

写真は、三国会場と坂井会場です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です